スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞察力

2回目投稿にして、ちょっと真面目なお話。

お客様に何かを提供する際に重要なことの一つに、
「洞察力」がポイントだと思っています。

例えば、僕が飲食店に行ってそこの接客や味が悪くても、
自ら店員さんに「まずいですね」とか「サービス悪いですね」とか言わない。
言わないけど2度と行かない、という行動で表現する。
仮に聞かれても言いにくいので、適当にお茶を濁す。

そう。お客様は中々、面と向かって本音を言わないのだ。

これは営業でも同じ。
「僕の営業どうですか?」
と聞いても(てか普通、聞かないけど)、本音を言ってはくれないもの。
だから「洞察力」が必要。
察することが必要。
お客様の表情であったり、声のトーンであったり・・・。

お客様は何に困っているのだろう?
お客様は何が課題なのだろう?
どのような提案したら喜ぶだろうか?

そういったことを察していかなければいけない。

今日は自戒の意味を込めて。





僕を知っている人はこんな真面目系の話を望んでいないかも?
と察してみたり。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。